引きこもり名大生の雑記帳

怠惰な引きこもり名大生の頭の中を覗いてみましょう

休学中に何をしていたのか?

 こんにちは。パッパギーです。1年間の休学が終わり、当初の予定通り2018年4月1日をもって復学し、名古屋に戻ってきました。いい機会なので、休学中に何をしていたか、ざっくりまとめてみたいと思います。休学するまでの話はこちら。

pappagie.hatenablog.com

 

  そもそも私が休学したのは、大学入学の直後にひきこもりになったので、リフレッシュしたかったからです。なので「起業する」「留学する」「世界を放浪する」といった、明確な目的があって休学したというより、「大学から距離を置きたい」という消極的であまり例のない?ような目的で休学したので、別に休学中にやるべきことが決まっていたわけではありませんでした。とりあえず実際にしていたことを羅列してみます。
 
  • 家事(主に料理)
  • 期間工として働いた(3か月ほど)
  • ほんのちょっとブログを書いた
  • 3か月に1度ほどカウンセリングを受けに名古屋に行った
  • ちょっと読書
  • 線形代数の勉強
  • 睡眠
  • 睡眠
  • 睡眠

 

 料理をしていたのは両親への罪悪感からです。休学中は基本的に一日中実家にいたので、家のことを何もしないで自分のためだけに時間を使う勇気は私にはありませんでした。毎日昼食と夕食の支度をしていました。

 ところな「基本的に」ずーっと家の中にいましたが、学費などを稼ぐために3か月間だけ、期間工として働いていました。冬で手持ち無沙汰な農家のおっちゃんおばちゃんたちに囲まれ、和気藹々と仕事をしていました。学費や引っ越しの費用に足りるくらいは稼がせていただきましたが、単純作業の繰り返しで頭が沸騰するかと思いました。何か大切なものを失った気がします。きっと私には向いてなかったのでしょう、もう二度とやりたくありません…。

 時系列は前後しますが、休学してすぐのころはブログを書いて稼ごうとしていました

(が10日間ほどで挫折)。旅行したことを書いたりどうでもいいようなことばかり書いていました。当初は休学に至るまでを書く予定で、実際書き進めていたのですが、いまいちまとまりきらず断念しました。それから約1年後の現在だと、うまく書けなくもないような気がするので、気が向いたら筆を執ってみようと思います。

 話がそれました。入学した年(=2016年)の9月ころから、私は月に1,2回ほどカウンセリングを受けていたのですが、休学中も継続して受けていました。休学中は北海道の実家にいたので、休学前と同じ頻度では無理でしたが、3か月に1回ほどのペースで受けていました。これはあくまで私の例ですが、カウンセラーの先生にその時の私の状態を説明すると、頭の中が整理されて自分と向き合うことができるので、自ずとこの先どうすればいいのか見えてきてすっきりします。家族や友人の前だと照れや恥ずかしさがあり同じようにはいきませんが、信頼できる第三者の先生に向けてだとうまくいくのが不思議です。やはり専門家の先生は違うのでしょう。
 それ以外に休学中にしていたのは、読書や線形代数の学習です。これは脳トレ的な意味と、「線形代数微積分学は応用範囲が広い」という話をあちらこちらで見聞きするので、それなら片方だけでもかじってみよう、ということでやっていました。微積分ではなく線型代数を選んだのは、読みたい本の古本が安かったからてす。
 実際に専門書を開いて独学して気づいたのは、私は勉強するのが好きなんだなあ、ということです。それまで高校や予備校にいたときも薄々感じていましたが、学校を離れてマイペースに学習するのはなかなか楽しかったです。特に「わからねえええええ」と唸りながら色々考えるのが楽しいですね。私の周りにはあまり理解してくれる人はいませんが。その点で復学して正解だったと思っています。ド田舎に1年間いた後だったので、大学のように腰を据えて勉学に勤しむ環境のありがたさが身に染みてわかります。まあこの先ずーっと同じことを考えていられるかはわかりませんが。
 またまた脱線しました。期間工が終わって名古屋にやってくるまで2か月ほど時間があったのですが、その間はクソニートをしていました。ご飯の支度はほぼちゃんとやっていましたが、それ以外は寝るかスマホをいじるかの二択でした。「もうすぐ復学できる!」→「じゃあ今はだらけていていいや」という謎の思考回路が働きました。2か月間もダラダラできる機会はそうそうないなので、いい経験だったと思います(そういうことにしたいです)。実際復学してからは影響なくシャキッと生活できているので、万事OKです。
 

まとめ

 休学中にしたことを書くつもりが、関連したほかのこともたくさん書いてしまいました。休学中は「何もできてない」という罪悪感に苛まれていた節もありましたが、振り返ってみると意外と充実してたのかもしれません。その中でも一番の収穫は、「じっくり学べるのは、実はとても貴重で幸せなことだ」と気づけたことでしょうか。これは想定外でしたが、一度大学から距離を置いたからこそわかったことなので、貴重な経験だと思います。また、大学で学ぶモチベーションにもつながったのでその意味でもラッキーでした。

 約一年ぶりにブログを書きましたがそこそこ楽しかったので、これからも不定期ですがちびちび書いていこうと思います。よろしくお願いします。

 時系列的にはこの記事の前のことですが、休学するに至るまでの話はこちら。

pappagie.hatenablog.com