引きこもり大学生の雑記帳

引きこもりだった名大生の頭の中を覗いてみましょう

大学に入学、引きこもり、そして休学に至るまで

 いらっしゃいませ!パッパギーでございます。

 私は名大に入学したちょうど1年後の4月から、1年間休学して北海道の実家で暮らしていました。

 なぜ休学したのか、休学するまでの1年間に何があったのか、まとめてみます。「やべえやつもいるんだなあ」と思うこと請け合いです。心して読んでください。

 

 ちなみに休学中の話はこちら。 

pappagie.hatenablog.com

 

入学直後から引きこもりに

 さっそく何を言っているかわからないでしょうが、入学してすぐに学校に行けなくなってしまい自室に引きこもり始めました。「あくまで複数の要因が重なった結果で、入学後のことだけが原因だけではない」と後にカウンセリングの先生に言われましたが、私が思う最大の原因は「受験勉強を頑張りすぎたこと」です。

 

 私は2年間の浪人を経て名大に入学しました。その間受験勉強だけをやり続けているうちに、いつの間にか偏差値の高い大学に入ることが目標になっていました。本来大学に入ることはスタートラインであるべきなのに、私にとってはそれ自体がゴールで、入学後のことなんてどうでもよくなってしまっていました。それで入学直後に燃え尽きてしまい、引きこもりになってしまったのです。

 

 引きこもっている間はずーっと横になっていました。ひたすらパズドラをやっていました。ただただ時間が過ぎるのを待っていた、という感じです。まあ時間が経ったところで何も変わらないのですが。

 

親バレ

 当時の私は、引きこもっていることを誰にも言えず、周りの人に対して大学に通っているふりをしていました。もちろん親に対しても。

 

 ところが、9月ごろに親バレしました。大学の事務が、私の実家に電話をかけて、ご丁寧にも「お子さんは単位をとれていないですけど大丈夫ですか」と伝えてしまったのです。

 自分でカミングアウトするならまだしも、大学からの電話でバレるなんて恥ずかしくてたまりませんでした。私にとってはとても不本意でしたが、大学に行けず引きこもっていた、ということを詳しく説明しました。とりあえず怒鳴り散らされたり勘当されたりはしなかったので、ダメージは最小限で済みました。

 

スチューデントアパシーと診断される

 夏休みになり、帰省する費用を稼ぐために日雇い派遣の仕事をしました。大学には行けなくても派遣の仕事には行けたのです(ここがポイント)。

 

 夏休みが明けたころ、指導教官に呼び出されました。単位が壊滅していることの説明をして、「後期からは大学に行ってちゃんと単位をとれ」と促されました。

 さすがに後期からは大学に行こう、と決心しましたが、一度負のイメージがついてしまった場所に通うのは難しく、なかなか大学に行けません。

 

 10月に転機となる出来事がありました。大学の職員が私の部屋に乗り込んできたのです。原因は私が寮費を滞納していたことです。

 寮費の催促をされた上、大学のメンタルヘルス部門に連れて行かれました。当時の私には、なぜ連れてこられたのか理解不能でした。

 

 後日そこでカウンセリングを受けた結果、スチューデントアパシーと診断されました。そのカウンセラーの方曰く、スチューデントアパシーの特徴的な点は、「本業に力が入らないこと」だそうです。

 学生である私の本業は「学校に行って勉強すること」です。確かに、当時の私は大学には行けませんでしたが、前述のとおり、派遣の仕事にはちゃんと行けてました。まさに典型的なスチューデントアパシーの患者だということです。

 

引きこもりからの脱出を目指して

 それからは月に1,2回ほどカウンセリングを受けていました。

 カウンセリングを受ける前までは、「自分が健常者で、たまたま引きこもっているだけだ」と信じてやみませんでした。それがカウンセリングを通して「引きこもりって実はヤバいんじゃね?」と自覚し、やがて「引きこもりを脱して社会に戻りたい」と思い始めました。

 

 ところで、「社会に戻る」といっても、色々な方法があります。

  • 大学に行けるようにする
  • 大学を中退し、名古屋なり地元なりどこかで働き始める
これらすべて「社会に戻る」ことです。
 
 私の場合地元に戻りたくない上、働かないでモラトリアムを謳歌したい(笑)と思っていたので、「大学に行けるようにする」のがベストな選択肢でした。

 

pappagie.hatenablog.com

 (後に日雇い労働をしまくることになるとは、知る由もなかった…)

 
 ただ、入学した直後に大学に行けなくなったのと、後期の初めに「ちゃんと行こう」と思い直したのに挫折したのを思い出すと、翌年から大学に通い始めるというのは抵抗があり、無理そうでした。

 そこで、一度大学から距離を置いてリセットしようということで、1年間休学して実家に戻ることにしました。名古屋に残ってアルバイトしてお金を貯める、というのもアリな気がしましたが、「『本業』がアルバイトになってまた引きこもってしまうのでは」という不安があったので、ここは両親に甘えることにしました。

 

休学旅行

 カウンセリングを通して自分と向き合えるようになり、色々模索していると、気づいたら年が明けていました。ふと入学してからのことを振り返ってみると「なにもしてねえ」と気づきました。ずーっと引きこもっていたので当たり前です。

 「何もしないで1年間終わるのは嫌だ、せめて年度末になんかしたい」、と思い、一人旅をしてきました。そのときの模様はこちら。

pappagie.hatenablog.com

 

まとめ

 入学直後からの1年間のゴタゴタをまとめてみました。正直ひどい1年間でした。できることならやり直したいくらいです。

 それでも、大学に行くのが辛い人がこの記事を読んで、引きこもりを一人でも減らせれば、これほどうれしいことはありません。こんなヤバいやつがいたんだぞ、と思ってくれるだけでもありがたいです。

 

 休学している間に何をしていたかが気になる方は、こちらをどうぞ。

pappagie.hatenablog.com