引きこもり大学生の雑記帳

引きこもりだった名大生の頭の中を覗いてみましょう

懺悔とけじめ

前期の期末試験期間には、「夏休みはTOEICC言語と電磁気の勉強をもりもりやるぞ!!!」と考えていたが、そんなの三日坊主で終わるに決まっていたのだ。
 
朝起きてバイトに行き、終わって帰ってくると床に倒れ込んでスマホをいじる。
しばらくすると目が覚めて、己が寝落ちしたことに気づき、窓から西日が差しこんでいる、、、
「ああ、またやってしまった…」とブルーな気持ちでキッチンに向かい、具なしペペロンチーノを作り胃袋に詰めこむ(炊飯器は故障している)。

満腹になると再び横になりtwitterやらYoutubeやらAmazonプライムビデオやらを見る。

目が覚めて時計を見ると日付が変わっている。気分は最悪である。よろよろと起き上がってシャワーを浴び布団に入る。
 
なんて退廃的なんだろう。ついこの間8月になったばかりだったのに。
気づいたらお盆が終わり、気づいたら9月になっていた。
 
すべては事前に具体的な計画を立てなかったのが悪い。立てたところで消化できたかどうかは不明だが。
 
このまま残りの夏休みも同じように溶かすのは、あまりにももったいない。堕落しきって何もできない自分があまりにも情けない。

何とか気力を振り絞り部屋を這い出て、大学へ向かい中央図書館の4Fでこの文章を殴り書きしている。
昨日までのわたし自身への懺悔とけじめである。そしてわたしのようにメンタルがよわよわな人を救いたい。
 
無為に夏休みを過ごしている名大生のアナタ、わたしと共に進捗を生み出しませんか?
意志の弱い者同士、互いに監視しあって作業をしましょう。場所は図書館なり学ホなりどこでもよいです。気になった人は @pappagie までリプやDMをください。お待ちしています。